バロス・マングローブの林:エキサイティングな新エコツーリズム

0
589
pic : alodiatour.com

ジョグジャカルタのエコツーリズムについて話するなら、この観光地は絶対に見逃す訳が有りません。バロス・マングローブ林と言います。ジョグジャカルタの南海岸、正確にはバントゥル県、クレテック郡、ティルトはルゴ区、バロス村に有ります。バロス・マングローブ林は2003年から存在します。この地域は元々、植生のない地べたのオパック川河口だけでした。その為、海岸からの摩耗とオパク川からの洪水に依って非常に脅かされています。ですから、周辺の住民が率先してマングローブを植えました。時間の経過と共に植えられたマングローブは成長して緑豊かな森になり、オパック川の河口とバロス海岸は以前よりも緑に見えます。景色はさらに美しくなり、好奇心旺盛な訪問者にとって新しい引力的な場所になります。

バロス・マングローブフ観光林では、広大な緑のマングローブ林の景色を眺める事が出来ると供えています。約4ヘクタールの広さと緑の田地と吹く風が組み合わさり、心地よい涼しい感覚を齎します。ここに到着すると、直ぐにバロス・マングローブ林を見る事が出来ません。5〜10分ぐらい田んぼを通ったり、小さな川を渡ったり歩くと、魅力的なマングローブ林が見えます。心配しないでください。道に沿って広がる田んぼの景色はとても美しくて、特に午後にそこに行くと、吹き荒れる風が心地的に甘やかします。バロス・マングローブ林地域に入ると、景色が素晴らしい小道をを通り歩きます。マングローブの木が近くから見る事が出来ます。ここでは、ニッパヤシやブルゲイラ(雄蛭木)やアビセニア(蛭木騙)やリゾフォラ(蛭木)など、幾つかの種類の植物が植えられています。

ここでは、座りながら雰囲気を楽しんだり、ボートを借りて約1.5 キロの距離でオパック川に沿ってリバーチュービングをする事が出来ます。ボートが大きくて、大人約14名が乗船できます。マングローブ林に生息する様々な鳥類をご覧いただけます。この地域には、ゲロドク鳥、ウチャ鳥、サギ科など、約49種の鳥がいます。バロス・マングローブ林は、観光地だけでなく、河口の生態系を保護する為の保護区としても利用されています。ですから、ここでは自然旅行するだけでなく、教育的な観光も出来ます。完全なパッケージでは有りませんか。家族と共に行く観光地として最適です。

バロスマ・ングローブ観光林がバロス海岸にキキャンプ場を提供している事に依ってを知る人は多く有りません。勿論、友達とここで夜を過ごし、緑豊かなマングローブ林の間で朝を迎える事は素晴らしい事です。この地域は野外活動をする事にも非常に適しています。バロス・マングローブ林の観光地の設備は十分準備しておりました。バスルームや駐車場や休憩用のガゼボや屋台が有ります。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here